【お役立ち情報】間違った方法では意味がない脚痩せ

時代が変わる毎にエステで導入している機器も進化してきており、今では非常に効果的な機器が数多くあります。
特にキャビテーションが今大変注目されており、嬉しい痩せやすい体質を作ることが出来るのです。 脚痩せをすることが必要になった、いわゆる「足が太い原因」を理解されているでしょうか?
何にでも原因があるもので、例えば食べ過ぎや運動不足なのかもしれませんし、もしくは遺伝の可能性だってあるのです。

 

「足が太くなった原因」をまずは正しく理解しておくことが脚痩せの実践をする際には重要なポイントとなります。
逆効果になってしまうこともあり、その結果エクササイズやグッズなどで必要無いモノの利用は避けるようにしましょう。一昔前と比べても最近ではその傾向が徐々に高くなってきており、脚痩せは多くの女性が気にしていることの一つなのです。
グッズを買ってみたり、一生懸命エクササイズを実践したりするなどで様々な方法で足やせを目指している人は多くいますが間違った方法では全く意味がありません。



【お役立ち情報】間違った方法では意味がない脚痩せブログ:180909

グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

減量中は、
お菓子は控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、ぼくは考えてみました…

「お菓子を食べたーい!」という人の頭の中は
「お菓子」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、お腹が空いていなくても、
お菓子のパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
お菓子を食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「お菓子」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「お菓子」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
お菓子のパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のお腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もお菓子のパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「お菓子」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
お菓子のパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?


このページの先頭へ戻る