【お役立ち情報】美脚を成功させるための実践

「これからエステで部分痩せをしてもらおう」といざエステを利用したらほとんど効果が無かったという経験はありませんか?
多くのエステでは的確な施術を展開しておりその効果も認められていますが、中には悪質なエステもあるのでご注意ください。 ふくらはぎが太い状態なのか、また正常なのかの判断はふくらはぎの部分に丸いボールが入っている状況は太っていると言えます。
緩やかな曲線を描いたハリが理想的であり、またトレーニングで肉を落としてしまうと、ししゃも足と呼ばれる足になってしまうのでご注意ください。

 

決して太っている状態ではありませんが、いわゆるししゃも足と呼ばれているのは、美しさが半減してしまうことになります。
過度なトレーニングは避ける必要がふくらはぎを細くしようと考えているのでしたらあるのです。残念ながらふくらはぎを隠す事は難しいのが、女性がスカートを利用する時です。
ふくらはぎが太いと下半身全体が太いイメージとなってしまい、理想のふくらはぎは膝下から次第に細くなっていき足くびがスッキリするという形なのです。

アレキサンダーアンドサン、今すぐアクセス
http://www.captains-g.co.jp/gourmet/
アレキサンダーアンドサンは



【お役立ち情報】美脚を成功させるための実践ブログ:181105

脂肪のつき方を果物の形にたとえて、
ヒップや大腿部など
下半身が太いタイプは「洋ナシ型」、
お腹回りが太いタイプは「リンゴ型」と
呼ばれています。

自分がどちらのタイプかを把握すれば、
太りやすい原因や解消法がわかるので、
効果的にダイエットができますよ。

まず「下半身太り」の洋ナシ型肥満は女性に多く
皮下脂肪がつきやすく、なかなか落ちないのが特徴です。

洋ナシ型肥満の方にピッタリなダイエット法は…

食べる事面では、
脂肪の多い肉、揚げ物、チーズケーキ、おかしなど
脂肪の多いものは控えめに!

メインのおかずは後回しにして、
野菜のおかずやごはんから食べると
脂肪の吸収を抑えることができますよ。

脂肪の代謝を助ける、
レバー、さば、納豆、モロヘイヤ、まいたけ、海苔など
ビタミンB2を多くとりましょう。

トレーニング面では
サイクリング、スクワットなど下半身を使った筋トレがおすすめ。
半身浴やマッサージなどで、血行を促進しましょう。

次に「上半身太り」のリンゴ型肥満は
男性、更年期を過ぎた女性に多く
内臓脂肪がつきやすく、動脈硬化、糖尿病などの
生活習慣病を招く恐れがあります。

リンゴ型肥満の方にピッタリなダイエット法は…

食べる事面では
ごはん、パン、麺などの炭水化物、
甘いもの、ビールは控えめに
果物は適正量を守りましょう。

おかずを食べてからごはんを食べるようにして、
ごはんの量を減らすのがポイントです。

糖質の代謝を助ける
豚肉、ぶり、きな粉、枝豆、落花生、ひじきなど
ビタミンB1を多くとりましょう。

トレーニング面では
ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素トレーニングが効果的。
内臓脂肪が燃焼し、お腹回りがすっきりしますよ。


このページの先頭へ戻る